レイラインフィールドワーク&トークサロン【庵治半島編】

【世界ふしぎ発見!「東京スカイツリーパワースポット伝説」に出演で話題の聖地観光研究所・内田一成氏による庵治半島聖地探訪】

剣が天を突くかのような山容が特徴的な五剣山がシンボルの香川県高松市の「庵治半島」。四国八十八ヶ所霊場第85番札所・八栗寺をはじめ、半島内には多くの寺社が存在し、古代の巨石信仰の名残と思われる遺跡も存在するなど、聖地性を備えた興味深い地域です。日本三大花崗岩にも数えられる庵治石の産地で、高級石材の砕石・加工の街としても知られています。
今回は、TBS世界ふしぎ発見!「東京スカイツリーパワースポット伝説」に出演で話題の聖地観光研究所・内田一成氏をお迎えし、古代の聖地が法則性をもって直線上に配置されているという「レイライン」の視点で、庵治半島の歴史や文化、その聖地性を解き明かします。

【庵治半島レイラインフィールドワーク】
内田一成氏からレイラインの基礎知識やレイライン調査の手法や使用するスマホアプリのレクチャーを受け、自転車で庵治半島のフィールドワークに繰り出します。
当日乗る自転車は、田町クラウズの協力で、made in 讃岐のスポーツミニベロ「Tyrell(タイレル)」や、電動アシストで楽チンでありながらおしゃれなデザインで大注目の「BESV(ベスビー)」などをお貸し出し。
海と山に囲まれた庵治半島でさわやかな風をきりながら、聖地探訪を行います。庵治石の加工場に立ち寄り、石の文化と聖地性の関連も学びます。

【レイライントークサロン】
内田一成氏が庵治半島をレイラインの視点で調査したレポートを元に、庵治半島の歴史や文化、その聖地性を解き明かす講演を行います。
屋島テニスクラブ併設の「CAFÉ DUCE」の当日限定の特別料理も楽しみながら、参加者同士の交流や情報交換も行います。

●ファシリテーター
聖地観光研究所 代表 内田一成 氏
http://www.ley-line.net/
1980年代よりアウトドアライター、モータースポーツライターとして活躍。オフロードバイクのレーサーとして国際大会に出場した経験も。
2002年より「レイラインハンティング」という独自の手法で、聖地にまつわる歴史や古の人たちの思考を解き明かし、地域固有の観光資源として活かす活動を開始。多数のメディア出演や講演、自治体と連携した地域観光開発など多方面で活躍中。

——————————————————————————————-
【イベント詳細】
●開催日:7月15日(月・祝(海の日))
※雨天の場合はフィールドワークは中止、トークサロンのみ開催します。前日の午後までにご連絡いたします。

●開催時間:15時~21時まで
14時40分- 開場・受付開始
15時00分- レイライン基礎講座・庵治半島フィールドワーク事前説明
15時30分- レイラインフィールドワーク(庵治半島聖地探訪サイクリング)
屋島テニスクラブ~庵治石加工場~御殿山(高松藩松平家御殿跡)~竹居観音~帰着
※約14kmのコース
19時00分- レイライントークサロン
21時00分- 終了

●集合場所
屋島テニスクラブ「CAFE DUCE」 高松市牟礼町牟礼3720
http://www.cafeduce.net/
※屋島テニスクラブの駐車場を無料でご利用いただけます。
※ことでん志度線「八栗駅」より徒歩15分

●参加費(ひとりあたり)→当日会場で現金にてお支払いください。
フィールドワーク:5,000円(税込) 15:00~18:30
※Tyrell、BESVなどおしゃれなスポーツミニベロのレンタサイクル付き(自分の自転車持ち込みもOKです)。
※参加定員は、レンタサイクルの台数の都合上、先着10名様程度に限らせていただきます。

トークサロン:6,000円(税込) 19:00~21:00
※CAFÉ DUCEの食事(飲み放題)付き
※参加定員は、会場のキャパシティの都合上、先着20名様程度に限らせていただきます。

フィールドワーク・トークサロン両方参加の場合:特別価格9,500円(税込)

●参加申し込み方法
主催者の株式会社四国遍路(info@shikokuhenro.co.jp)にメールにて、参加希望の旨を「参加者希望者全員のお名前」「当日連絡がとれる携帯電話番号」を記入の上、お申し込みください。
※受付完了の旨、当日の詳細・注意事項を、株式会社四国遍路よりご返信いたします。申し込み後数日経っても返信が無い場合は、メールエラーの可能性がありますので、お手数ですが以下問い合わせ先までお電話ください。

●運営・募集・問い合わせ先
株式会社四国遍路(香川県知事登録旅行業第3-245号)
国内旅行業務取扱管理者:佐藤崇裕
TEL:  087-899-6737
共同運営:田町クラウズ(ペダル株式会社) 聖地観光研究所